キャッシングに頼り過ぎた思い出

私は、若い頃にキャッシングをとても良く利用していました。

 

キャッシングを利用した理由は、ずばりギャンブルです。

 

私は当時、パチスロにはまっていて、給料の大半をパチスロに使い込んでしまうという生活をしていました。

 

そして、負けが込んでくると金欠状態になり、家賃も払えないというくらいにまで追い込まれて、キャッシングを利用し始めたのです。

 

最初こそ、借りる金額は小額だったのですが、次第にキャッシングすることに慣れてしまい、キャッシングでお金を借りることが自分の口座からお金を引き出すような感覚になってしまいました。

 

当然、そんな状態になれば借入額が膨らむ一方で、ついには借り入れが100万円を超えるという事態になってしまいました。

 

ようやく、そのような状況になって事態の深刻さに気づき、ギャンブルから一切手を引くことに決めたのです。

 

おかげで、その後時間はかかりましたが、借り入れを完済することができました。

 

今となっては、馬鹿だったなあと笑い話で振り返れますが、あの時ギャンブルをやめていなかったらと思うとぞっとします。